NEWS

最新情報

【お知らせ】映画『流浪の月』 映画化決定&監督・メインキャスト決定

お知らせ

弊社が共同製作として参画しております、映画『流浪の月』の映画化決定と監督・メインキャストが
決定しましたので、ご報告させていただきます。

====================================================
                               広瀬すずと松坂桃李のダブル主演×監督・李相日のタッグ
                  本屋大賞受賞の傑作ベストセラー小説「流浪(るろう)の月」待望の映画化!
====================================================

凪良ゆうによる原作「流浪の月」(東京創元社刊)は、2020年の本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1 位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた傑作小説です。
9 歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時 19 歳の大学生・佐伯文(さえき ふみ)を松坂が演じます。
いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”という烙印、そして事件の契機となったそれぞれの秘密を抱えたまま、15 年後に再会した更紗と文の選んだ道とは?
繊細に揺れ動く2人の思いが胸にせまるこの珠玉の物語を監督するのは、『悪人』『怒り』の名匠・李相日(リ・サンイル)。先行きの見えないこの世界の片隅に確かにあると信じられる、「魂と魂の未来永劫揺るがない結びつき」を描きたいと意気込みます。
今や同世代女性を代表するアイコン的存在というだけでなく、国民的女優としての地位を築き上げている広瀬すずは、『怒り』(16)に続く 2 度目の李監督作品への参加に、「私は毎日なんだか、どこかずっと緊張しています」と胸の内を語ります。そして『孤狼の血』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、『新聞記者』で同最優秀主演男優賞を 2 年連続受賞するなど近年の日本映画界で圧倒的存在感を放つ松坂桃李は、初の李組参加に向けて「全身全霊でいきます」と丹念に準備を重ねています。この「二人の眼差しが重な」るとき、いったいどんな物語が生まれるのか。
映画『流浪の月』は、2022 年全国公開を予定しております。

作品タイトル:『流浪(るろう)の月』
原作:凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)
主演:広瀬すず、松坂桃李
脚本・監督:李相日
製作幹事:UNO-FILMS
共同製作:ギャガ、UNITED PRODUCTIONS
配給:ギャガ
©2022「流浪の月」製作委員会
2022年全国ロードショー

公式HP:https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/

Share This Article

CONTACT

番組制作、映像制作のご依頼やその他のご相談は
こちらからお問い合わせできます。

© UNITED PRODUCTIONS All Rights Reserved
TOP