テレビの日常

「マツコの知らない世界」でインサート撮影に付き添いで行ってきました。
場所は浦和にある鰻屋さんです。

出来上がりを即座に温かいまま撮影できるように、
器を置いて画角を見ています。

箸あげをしようとしていますがプルプルしてご飯が落ちていきます。
箸あげがうまいと神と崇められます。

番組によって、インサート撮影の方法が色々あり勉強になります。
終わった後は美味しいものも食べることができるので心も潤います。

このお店の撮影で7人のスタッフで2時間をかけました。
放送されるのはほんの2、3分です。
本当に短い時間の中にに時間と手間、
そして、たくさんの人が関わってきます。

テレビが放送されるまで、
たくさんの方々が関わってきます。
自分が楽しいのはもちろんですが、
取材してもらった人に良かったと思ってもらえる事、
それを目標に日々制作を続けています。

いつもはテンションの低い私ですが、
誰かと仕事をする時に
・遅刻をしない(少し早めに行く)。
・現場に着いたら誰よりも一番早く大きな声で挨拶をする。
・返事をちゃんとする。
・挨拶「ありがとうございます!」をきちんという。
 ごめんなさいではなく。

誰でも入社1日目でもできる頃だと先輩から教わりました。
入社20年過ぎている私も感謝の気持ちを忘れずに
これからも忘れず続けていこうと思います。

こちらの放送の様子は、
6月28日(火)のTBS「マツコの知らない世界」で放送されますので
ぜひご覧ください!

TOP