BLOG

ブログ

最強の仕事術2

バラエティ制作事業本部・本部長 島田

バラエティ制作事業本部・本部長の島田です。

前回のブログでは、
後輩の子たちやこれからテレビ業界で働きたい子たちに向けて、
仕事をする上で意識している事2つ
①楽しく仕事をする(ボジティブ思考)
②周りを幸せにする
を書かせてもらったのですが、

今回は
より実践的なことを1つ
より精神的なことを1つ
書きたいと思います。

■実践的な仕事術

〈自分の仕事に対して、いかに工夫と改良を考えられるか〉
例えば、床掃除が仕事という場合、今までは雑巾を使っていたのを、ほうきを使ってみる。上司にお願いして掃除機を買ってもらう、さらにお金がかかってしまうが相談してルンバを買ってもらう、など、より早く、より効率的に綺麗にする方法を色々な角度から考えてみる。

どんなに小さなことでも、工夫と改良を考えて取り組んだ人と、そうでない人とでは、長い目で見ると驚くほどの差がついていると思います。

掃除の例で言えば、工夫と改良を考えて取り組んだ人は、独立してビル掃除会社の社長になっているかもしれないですが、漠然とノルマをこなすだけで工夫と改良を考えていない人は、相変わらず同じような掃除を毎日続けているかもしれません。

昨日の努力に少しの工夫と改良を上乗せして、今日は昨日より少しでも成長する。そのより良くしようという姿勢を怠らないことが、仕事の仕方として大事なことだと考えています。

■精神的な仕事術

〈頭の良し悪しではなく、心の良し悪しで生きられるか〉
頭が良い、仕事ができる、ということではなく、
人間として、ビジネスマンとしてどう生きているのかがとても大事だと思っています。
当たり前の道徳や倫理
→人に対して、嘘をつかない、正直でいる、迷惑をかけない、親切にする、感謝する、不平不満・悪口を言わない、自慢話をしない、などなど
を持って生活する。
どれくらいの人がこういう生き方をできているでしょうか?
というか、これが本当に難しい…
自分がどこまでできているかと問われると、…となります。

「徳」という言葉を辞書で調べると、
道徳的、倫理的理想に向かって心を養い、理想を実現していく能力として身に得たもの。また、その結果として言語・行動に現われ、他に影響、感化をおよぼす力。社会的な観点から評価される人格。
と書いてあります。
こういう「徳」を持った人間になるべきですし、自分もそうなれるよう精進したいと思っています。

最後に、私が担当しますテレビ東京「内村のツボる動画」の公式YouTubeチャンネルができましたので、URLを記載します。
https://www.youtube.com/channel/UCegUYbR07u2LXq1MCXXDSEg
面白い動画が多数アップされていますので、チャンネル登録・高評価、何卒、宜しくお願い致します!

Share This Article

CONTACT

番組制作、映像制作のご依頼やその他のご相談は
こちらからお問い合わせできます。

© UNITED PRODUCTIONS All Rights Reserved
TOP