BLOG

ブログ

助監督、一年が経ちました。

助監督 小林聖

映像事業本部 ドラマ・映画制作局 
ディレクション部の小林です。
入社して一年が経ちました。

一年間、助監督として働いてみた感想を書いていこうと思います。

この一年で携った作品(助監督の仕事についての感想)

【4月】 時代劇ドラマ(右も左も分からない…)
【5月】 ネット配信ドラマ(心折れかけた…)
【6月・7月】 深夜ドラマ(ちょっと分かってきた!)
【9月・10月】 中国映画(言葉の壁)
【11月・12月】 スペシャルドラマ(そういう事か!)
【1月・2月】 映画(分からん!)

↓中国映画の劇中で使用した黒出目金(今は自分が飼っています)

この一年で感じた事

大学で自主制作映画の監督をやったり
ミュージックビデオの撮影に参加するなど
様々な映像作品を経験してきたので、
助監督の仕事についても少しは分かっているつもりでした。

でも実際に商業映画・ドラマの助監督をしてみると
毎日毎作品、初めての事・知らない事の連続です。

現場で飛び交う専門用語に業界用語
撮影中、頭の中は「?」がいっぱいになります。
でも分からない言葉があればなんでも先輩に訊きます。
訊くことは恥ずかしい事ではないです。
先輩は「自分も最初は分からなかった」と言って教えてくれます。

なぜ助監督という仕事を選んだのか

私は、学生時代から映画監督になるのを目指していました。
もちろん今も監督を目指しています。

監督になった時、困らないように助監督という仕事を通じて
映画を学びたいと思ったので、この仕事を選びました。

因みに学生時代、自主映画で
監督・脚本・撮影・照明・録音を経験していましたが
助監督は一度もした事がありませんでした。
カチンコを打った事もありませんでした。

初助監督は初商業作品でした。
一年目の助監督は
撮影が終わればいつもこんな感じです。ボロボロ

(嘘です。傷メイクの練習台になっていました)

以上、半人前助監督・小林からでした!

Share This Article

CONTACT

番組制作、映像制作のご依頼やその他のご相談は
こちらからお問い合わせできます。

© UNITED PRODUCTIONS All Rights Reserved
TOP